脳の働きについて~後編~

mushrooms, horsehair dizzy, pinecone-7765210.jpg

脳の働きについて~後編~

前回は4つの側面のうち、2つをお話ししました。

今回は残り2つについてお伝えしたいとおもいます。


まず、量子力学的見地からです。

ざっくり言うと、事象は観測することで現実化するということです。

物質の元となる素粒子はあまねく空間に存在し、観測者が認識することで物質化すると言われています。


例えば、「だるまさんがころんだ」を思い出してください。

鬼(観測者)が目を閉じている間は、逃げる人(素粒子)は動き回ります。

ですが、鬼が「だるまさんがころんだ!」と言って目を開けると、今まで動いていた人はピタッと動きを止めます。

まさにこのような現象なんです。

あなたはどのような事象を観測したいですか?


最後に、波動です。

ちょっとスピリチャル的な要素を感じるかもしれません💦

これは、脳が出している波動に共振したものが寄ってくることです。

物事が次々と流れるように上手くいく人は、この波動が整っているようです。

逆に、どんどん運気が下がっていくと感じるときは、波動がさがっているんですね。

この波動に大きく影響を与えるのが、自分自身の状態です。

さぁ、どのような波動で生きていきますか?











コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です