脳の働きについて知っていますか~前編~

bee, anemone, pollination-7746691.jpg

脳の働きについて知っていますか?

普段の生活の中では当たり前のこととして、
考えたり、感じたりしていますよね。
今日は天気がいいなとか、あの仕事をしないといけないから気が重いとか、、、

一説によると、人は一日の中で約7万回も思考しているそうです。

ちょっと驚きの数ではないでしょうか。

そして、その思考を生む源が「脳」です。

「脳」は四つの側面から説明できます。
・心理学
・脳科学
・量子力学
・波動

これらが元となり、現実が作られています。
どの側面もお互いにリンクしあって、あなたの現実面のチョイスに影響をあたえています。



例えば、空を飛びたいと心の底から思った人がいた。
→鳥のように自由に飛ぶ感覚はどんなだろうと想像する
→そのためには何が必要か観察する
→どうしたらよいのか考える
→なんども試作してやってみる
→ついには成功する

という流れになりますよね(ずいぶん、おおざっぱですが (;^_^A )

心理学的にいえば、潜在意識と顕在意識があり、その潜在意識が望んでいることにフォーカスすることで、自分の行動が変わり、おのずと現実が変わってゆく。

そして、ここもポイントですね。

行動しなければ何も変わらないということです。

どんな行動をとるかは「脳」の指示によります。

脳科学的には、いかに臨場感を持つことができるかがカギとなってきます。
リアルにワクワクできるものこそ、叶いやすいといえますね。
逆に、こうなったらどうしようと眠れないほど心配することが本当に起こったりします。


40%のたんぱく質と60%の脂質でできている
「脳」という臓器はとても興味深いですね。

今回はまず2つの側面を簡単にお話しました。
次回はあと2つについて、お話ししたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です